I'veについて

I've -low trance assembly-

I've (アイブ・アイヴ) は北海道札幌市にスタジオを構え音楽活動をしているサウンドクリエイター集団。
主にゲーム・アニメ・映画の主題歌などを手がける。所属は有限会社FUCTORY records。
I'veが作る音楽はしばしば ”I've Sound” (アイブサウンド) と呼ばれる。

1999年2月に発売されたゲーム 『吐溜』 の主題歌 「FUCK ME」 を提供したのが初のI've楽曲で、1999年6月に発売された大ヒットゲーム 『Kanon』 の主題歌 「Last regrets」 「風の辿り着く場所」 の編曲でI'veという名が広がり始める。

翌年、2000年9月には同じく大ヒットとなったゲーム 『AIR』 の主題歌 「鳥の詩」 で更に話題となり、既にリリースされていたI'veのコンピレーションアルバム 「regret」 「verge」 にも注目が集まる。

コンピレーションアルバムの第3弾 「Disintegration」 がリリースされた2002年頃には ”謎の音楽集団 I've” と形容され、ファンによるウェブサイトが次々開設され、I've Soundというブランドを確固たるものにしていた。

また、同年よりアニメの主題歌などにも楽曲を提供し、そしてついに2004年に当時の所属歌姫 ”KOTOKO” がメジャーデビューを果たし、これを皮切りに歌姫が次々とメジャーデビューすることになる。

提供する楽曲もゲーム中心であったものがアニメなどにも提供するようになり、I'veの名はより幅広く知られるようになった。

そして2005年10月には東京・日本武道館にてI'veによるライブが開催され、会場に入ることができない人が発生するほどの満員御礼にて幕を下ろした。I'veの絶大なる人気を象徴するような一日であった。

更に活動の場を広げるI'veは映画の主題歌などにも楽曲を提供。
各種アーティストとのコラボレーションなども多くなり、I'veの活動の幅は更に広がりを見せている。

2009年1月には2回目の日本武道館でのライブを開催。こちらも満員になるほどの大盛況となり、そして今日に至るまでI'veの人気は衰えることを知らない。

2011年、I'veを代表する歌姫KOTOKOと島みやえい子が独立を発表。大黒柱とも言える彼女らの独立はファンに大きな衝撃を与えた。
しかしI'veはあるインタビューで「(独立は)結果的に良かった」と全く動じないコメントを残した。
ずっと同じ型にとらわれず、でも「I'veらしさ」という部分はブレず、常に新しいことに挑戦をしていきたいというチャレンジスピリットを持っているからこそ、10年以上も多くのファンに支えられているのだろう。

2012年、「開かれたI've」をキーワードに、変化球に富んだ楽曲のリリース・驚きのコラボレーションなどこれからも楽しませてくれるのは間違いないだろう。

メンバー・スタッフ紹介

高瀬一矢(たかせ かずや)
I'veの代表取締役兼サウンドクリエイター。主に作曲・編曲を担当。愛称は 「タカーセ」。
I'veの代表曲は高瀬氏が作られることが多く、まさにI'veの顔と言える存在である。
8月8日生まれ。
中沢伴行(なかざわ ともゆき)
I'veを支える 「第二の顔」 。主に作曲・編曲を担当。
中沢氏の楽曲は美しいメロディの楽曲が多く、高瀬氏とはまた別の曲調で人気が高い。
1月9日生まれ。
C.G mix(しーじー みっくす)
ダンスポップ系・電波系の作曲を得意とするサウンドクリエイター。作曲・編曲・ボーカルを担当。
I'veで唯一の男性ボーカルでもある。実はビジュアル面でも女性の人気が高い。愛称は 「mix兄さん」「しじみ」など。
1月11日生まれ。
尾崎武士(おざき たけし)
高瀬氏がプロデュースしたバンド 「COWPOKES」 (現解散) の元ギタリスト。
I've楽曲では主にギターアレンジで参加。別名義に 「TAKESHI」 がある。
I've関係のライブではギターを担当。
4月30日生まれ。
井内舞子(いうち まいこ)
オーケストラを前面に出した曲作りが得意。歌曲以外にBGMも多く製作されている。
過去には 「羽越実有」 名義で活動していた時期もあった。
なお、井内さんは正確にはI'veのメンバーではなく、外注スタッフである。
ハリー吉田(はりー よしだ)
有限会社FUCTORY recordsのロサンゼルスオフィスで勤務。
I've関係のライブではドラムスを担当。近年ではあまり姿を見せていないが、まだFUCTORY recordsに所属している。彼の熱いドラムパフォーマンスは必見。
板垣直基(いたがき なおき)
I'veのトータルディレクター。主に広報活動、人事管理などを担当。歴史好きが知られており、愛称は 「将軍」。
アルバムのジャケットやインナーも板垣氏が手がける。
そのため誤字誤植があった際にはよく板垣氏が引き合いに出されることが多い。
5月18日生まれ。
小林拡幸(こばやし ひろゆき)
ツアードライバーからグラフィック・イラストまで幅広く担当。
I've内では随一のコンピュータエキスパート。
現在ではI've所属歌手のマネージャーとして全国各地を動き回っている。
7月21日生まれ。
木村聡恵(きむら さとえ)
デスクマネージャー。
東美代子(あずま みよこ)
ジャケットデザインなどを担当。

所属歌姫

川田まみ(かわだ まみ)
2001年の楽曲 「風と君を抱いて」 でI'veデビュー。
2005年2月23日、シングル 「radiance」 にてメジャーデビューを果たす。
→詳しくは歌手データベース「川田まみ」へ
桐島愛里(きりしま あいり)
2009年の楽曲 「two HeaRt」 でI'veデビュー。
「Larval Stage Planning」 のメンバー。
→詳しくは歌手データベース「桐島愛里」へ
柚子乃(ゆずの)
2013年の楽曲 「モラトリアム・クラスタ」 でI'veデビュー。
北海道で活動しているナデシコドールというバンドでも活動中。